社会人の勉強は何をするのがおすすめかは、求める「ゲーム性」で決まる。


benkyo

社会人になってから勉強するってなかなか大変なことです。

自己啓発や自己投資なんて格好のいいことを言っても、
実際はなかなか続きません。

何を勉強するのがいいのでしょうか。

そもそも

何かいい例はないものでしょうか。

僕の場合、もう結構前になりますが、
サラリーマン時代に行政書士の資格を取りました。

今思うと、どうやって時間を作っていたのか不思議ですが、
知人に若干のアドバイスをもらいながら独学で2回目で取りました。

今同じことをやれ、と言われても嫌です。
というか、無理です。

そもそも、そこに動機がないです。

あなたが、何かを勉強したいと思うなら、
言うまでもなく、一番強いのは明確な動機があることです。

でなければ、何をやっても継続するのはかなり困難です。

たとえば

たとえば、先の行政書士などは資格取得のジャンルで
常に人気上位にあるものかと思います。

ですが、これを「何か資格でも…」
くらいの感じでやるのは結構大変だと思います。

よくある英語系の勉強のようなものも同じことが言えるでしょう。

明確な動機 or 強い意志のある方

明確な動機がある方、または意思の強さに自身のある方は
このような資格取得などにも向いているかもしれません。

ただしその場合でも、
教室に通うなどして、同じ環境の人と接触を持つか、
強制的にやるように迫られるような状況に身を置いたほうが、
圧倒的にやりやすいです。

最近流行りの、ライザップ方式のダイエットなどは
食事と運動をシビアに管理されることで
短期間に結果を出す方法です。

内容だけなら、知ってしまえば別に一人でもできるはずですが、
やはりほとんどの場合、続きません。

強い意思のある人のなかでも、さらに強い意思のある方は
チャレンジしてみても面白いでしょうね。

そうでない方

と言っても、そこまで明確な動機や強い意思なんて
持っている状況の方が少ないのではないのでしょうか。

これは、その人の資質というよりも、
その人の状況などにも強く関係してきます。

ともあれ、そこまで強くなくても、
「何かないかなあ」と思っているのなら、

しっかり腰を据えて長い期間を掛けるものよりも、
短期間に終了できるサイクルのものを次々にやった方が
はるかにいいです。

サイクルが短くても、ひとつやり終えると
あるいは目標を達成すると気分がいいものです。

モチベーションが下がらないうちに追われるようなものなら、
なんとかやれそうです。

それが物足りなくなってきたら、
徐々にサイクルの長いものにシフトして言ってもいいでしょう。

求めているのはゲーム性

「何か」を求めているとき、
多くの場合は、日々のなかに「ゲーム性」を求めているでしょう。

ですので、自分の意思や明確な動機の強さに対して、
ギリギリ達成できるかどうか、のものを上手く選ぶ必要があります。

たやすく達成出来すぎると物足りなくて、ゲーム性が欠如します。

難しすぎたり、期間が長すぎたりすると
達成できなさすぎて、ゲーム性が欠如します。

一日だけなら頑張れそうなら、
例えば最近ならDIYなどで一日でできるものもあるでしょう。

これだって十分に勉強です。

「食品衛生責任者」の資格は6時間程度の
講習会を受けると取得できるそうです。

ビール選びのポイントなどをアドバイスする
「ビアテイスター」は一日講習を受けて最後の試験に
受かれば資格をもらえるそうです。

一週間頑張れそうなら、
国内の「ツアーコンダクター(旅程管理主任者)」なんかも
いけるようです。

もう少し頑張れそうなら、
僕がおすすめするのはインターネットで稼ぐための勉強です。

メール講座を配信しているのですが、
まったくの初心者で始めても段階を追って学ぶことができ、
やった分だけ少しずつ稼ぐことができるようになります。

じつは最初に、単発でですが、
いきなり数万円を稼ぐことができる方法もあったりします。

あなたが求める「ゲーム性」にちょうどよさそうなら
以下をご覧下さい。

IQ151・元行政書士の無料メール講座 ~会社に縛られないための勉強~

ご登録いただいた方には、「第17回e-Book大賞」優秀賞受賞の、
1ブログで月収10万円超・計150万円超を稼ぎ出す後発組・
初心者向教材「Net Business Passport Zero」をプレゼント!

business_LP_yudo02





コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ