社会不適合者に合う職業とその職業人の生き方に習うもの


shakaihutekigousha

社会不適合者という言葉があります。

この記事を読んでいるあなたも
「自分もそうなのではないか」と思っている方もいるかもしれません。

社会に不適合だとしても、辛いかもしれませんが、
それでも明日はやってくるという事実があります。

社会不適合者

この記事では「社会不適合者」という言葉がどういった方を指すのか、
それは正確には追求しません。

単に、社会(人々)と上手く調和できない人、
あるいはできない・難しい・辛いと感じている人、
くらいの広い意味で捉えます。

社会不適合者であるなら、
多くの方にとって毎日はかなり苦しいものになっていると思われます。

程度の差こそあれ、
社会とまったく接することなく日々を生きていくのはかなり難しいです。

かつての社会のあり方に比べて
近所づきあいなどがなくなったり、

会社での強制的な飲み会も減ってきたりして
軽減されている部分もありますが、

それでも普通に生活していくなかで
他人との接触を避けることはほぼ不可能です。

そして、実際に多くの方が仕事などに疲れているようです。

社会不適合者に合う職業

では、そんな方が今よりもつらい思いをせずに
やっていける職業とはどんなものでしょうか。

例えば、作家や芸術家のような仕事は
そういう意味ではぴったりかも知れませんが、
ほんの一握りの才能を持った人にしかできないものなので
現実的ではありません。

僕が知る限り、一番特別な才能を要求されずに
一般的な仕事とくらべて圧倒的に人との接触が少ない仕事
という基準を満たすものはインターネットビジネスです。

たったひとりで、パソコンとインターネット環境があれば
会社などに属することなく、仕事をしていくことが可能です。

もちろん、人とほぼ接する必要がないからと言って
いきなりまったく何もしなくても
勝手に収入が入ってきたりはしません。

しかし、正しい方法で適切な労力をかければ
特に才能がなくても会社勤めしている方の多くより
稼ぐことはあたりまえのように可能なことです。

そこに一点集中するなら、
数カ月後には会社の給料を超えることもざらにあります。

そしていったんそのレンジに入ってしまえば、
そこが基準となって、望めばさらに高みへと行くことも可能です。

見方によっては、何かにつけて(望まいのも含めて)
人付き合いの多いタイプの人よりも
断然大きなチャンスをつかみやすい状況にいるとも言えます。

その生き方に習うもの

僕も実際にインターネットビジネスで収入を得ているわけですが、
収入を得られるようになるために教えを受けた人々がいます。

その方たちは「ネットで稼ぐ」に集中して、
一般のサラリーマンからすると夢の様な
収入と時間の使い方をしています。

僕もまもなくそうなります。

すると僕が教えを受けたように、
今度は僕が教えを伝えさせていただく番です。

正しいやり方というものが明確にあり、
そこに沿ってやっていくと結果が伴う。

これほど努力が結果に結びつきやすいものも
ビジネスの世界ではめったにないです。

 

僕は個人的には社会と接点を持たなくていいとは思っていませんが、
今、現実に辛いのに、収入を得る必要があるという理由だけで
繋がっているのであれば、

その収入をこのような形で得ることにシフトしても構わないと思います。

そして、しっかり基盤ができて、
心にゆとりも生まれたなら(望むのであれば)社会との関係を
もう一度新たな視点で考え始めればいいのではないかと思っています。

 

インターネットビジネスの正しい方法を伝える僕のメルマガ、
よかったら以下からご覧になってくださいね。

IQ151・元行政書士の無料メール講座 ~会社に縛られないための勉強~

ご登録いただいた方には、「第17回e-Book大賞」優秀賞受賞の、
1ブログで月収10万円超・計150万円超を稼ぎ出す後発組・
初心者向教材「Net Business Passport Zero」をプレゼント!

business_LP_yudo02





コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ