嫌な上司を辞めさせる方法を考えているなら。


joshiwoyamesaseru

社会に出て働くようになると、
そこにはさまざまな人間関係が渦巻いています。

今もそう教えているのかどうかわかりませんが、
僕が小学生の頃は「みんな仲良くしましょう」ということが
教えられて、押し付けられていましたが、

社会に出て、
全員が仲良くしている場面なんて、まずないです。

合わないものは合わないんです。

嫌な上司

職場では同僚やクライアントなど多くの人と接することになります。

上司もそうしたなかの一人なのですが、
同僚と違って上司がもし嫌な人だった場合、結構不幸です。

仕事上、どうしても関わらないわけには行きませんし、
しかも相手のほうが命令をする立場です。

これは感情的にはフェアではないと感じるかもしれません。

そしてどんどん「嫌い」が溜まっていき、
会社にいくことが非常にストレスになってきたりするかもしれません。

そして毎日を憂鬱な気持ちで過ごさないといけないとしたら、
これは辛いですよね。

嫌な上司を辞めさせる方法を考えているなら

そして泣き寝入りするのもシャクなので
逆にやっつけてやろう、という考えを持つ勇敢な人もいるでしょう。

そしていろいろと手を考えます。

 

弱みを握ってやろうか。

何か罠を仕掛けてやろうか。

恥をかかせてやろうか。

ありもしない噂を流してやろうか。

 

そうやって考えるだけでもちょっと元気が出てきそうです。

あなたは実際に行動を起こすほどに真剣なのかもしれませんし、
ちょっとそうやってストレスを発散しているだけなのかもしれません。

もしあなたが真剣に思い詰めているなら少し待ってほしいです。

やっつけるよりも強力なもの

たしかに、嫌いな上司を困らせると気分がいいでしょう。

ですが、それは時にその後、あなた自身が何か満たされないような
虚しいような、落ち着かないような、そんな方向の心の状態に
してしまうかもしれません。

だからと言って、僕はただ泣き寝入りしろ、という意見ではありません。

まずはその上司が客観的に見て
大ざっぱに言うと「自分のことしか考えていない」だとか
「あなたのことを困らせることが目的」だとかいうのなら
そうさせないための防御は必要です。

この点についてはまた機会があればもう少し突っ込んでみますが、
ここでのポイントは、そんな場合でも防御する程度にとどめておくのがよい、
ということです。

あなたはそんなつまらない上司との泥仕合に
どんどんはまり込むべきではなく、

あなたがするべきなのは、
その上司より幸せになることです。

必要な防御はなんとかこなしながら、
あなたは自分が豊かになること、
例えば、何か勉強してスキルを身につけることかもしれませんし、
仕事そのものに打ち込んで昇給や昇進を得ることかもしれません。

何かおいしいものを食べることかもしれませんし、
友人と未来について語り合うことかもしれません。

上司をやっつけることよりも同僚を助けることかもしれませんし、
上司を睨みつけるよりも、部下に微笑むことかもしれません。

とにかくあなたの心が幸せに豊かになることです。

「そんなこと簡単にはできない」かもしれません。

たしかに。

ですが、
「そんなことを目指す」ことならできるはずです。

それだけで、非常に大きな第一歩です。

 

嫌な上司が会社全体にとって破壊をもたらすような人なのなら
いずれその上司を懲らしめる方法も考えていきましょう。

逆にその上司がよく見ると会社のために貢献するような
思考と行動を持っている人なのなら、
僕たちはまだその人から学べることがあるのかもしれませんね。

IQ151・元行政書士の無料メール講座 ~会社に縛られないための勉強~

ご登録いただいた方には、「第17回e-Book大賞」優秀賞受賞の、
1ブログで月収10万円超・計150万円超を稼ぎ出す後発組・
初心者向教材「Net Business Passport Zero」をプレゼント!

business_LP_yudo02





コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ