自分の将来が不安で眠れない30代、40代の悩み


taiikusuwari_kuro

30代のバブル多くは崩壊後の
冷えきった時代に社会に出ました。

40代も後半の方であれば、
多少はバブル時代を味わったことがある方もいるでしょう。

しかしいずれも、過去も現在も未来もハッピーだと
言い切れる方はそんなにはいないのではないのでしょうか。

あなたはどうでしょうか。

ネット上にあふれる「将来への不安」1

インターネットで将来への不安についての調査などがないか調べてみると、
さまざまな角度で行われているようでした。

◆20歳~69歳を対象にした「2014年介護の不安に関する調査」

この調査では、
「男性の4割、女性の約半数が自身の経済的負担」を不安に感じ、
介護未経験の女性の半数近くが「いつか自分が介護を受けるか不安」
といったような結果が報告されています。

◆20代~60代以上を対象にした「日本人の不安に関する意識調査」

この調査は2013年に行われたものです。
全体として78.2%もの人が何か不安を感じているという結果が出ています。

この調査結果のグラフを見てみましょう。

huan_1

huan_2

男女ともに30代、40代で何かに不安を感じている人の割合は
80%を超えています。

そして不安に感じている内容ですが、
「健康」や「犯罪」といったようなものよりも
「老後の生活や年金」が断とつで多くの方が不安に感じています。

やはり社会に出てひととおり経験し、
身体面では衰えを感じ始めて自身の将来や老後を
リアルに考え始める年代が30代、40代ということです。

20代の頃までは「なんとかなるさ」と思えたことが
「なんともならないのかも」となってくる場面に
直面しだす年代でもあります。

また、2014年の世論調査によると「老後の生活設計」に
不安を感じている方が6割近くもいるそうです。
40代女性に限っていうと66%もの割合になります。
(参照:「Jcastテレビウォッチ」

ネット上にあふれる「将来への不安」2

インターネットで「将来」という単語を検索すると、
「不安」という単語が関連して出てきます。

「将来 不安」に関連する単語としても
「30代」「40代」「50代」「主婦」などさまざまな単語が出てきます。

それだけ多くの方が将来に不安を感じ、
ネット上に何がしかのヒントが見つからないか
検索して調べようとしていることが伺えます。

実際にこれらの単語を辿っていくと
多くの方々の切実な思いが綴られているのを
あふれるほど目にします。

それぞれにその人だけの状況があり、
一般化出来ない部分もありますが、

不安の内容でやはり多いのは、
大きく捉えると将来への経済的な不安のようです。

現時点でかなりの貯蓄があるひともほとんどない人も
同じように将来への不安を感じています。

なかには不安で夜も眠れないといった人もいるほどです。

閉塞した将来への対処

では、こうした不安を少しでも軽減する方法はないのでしょうか。

景気が良くなれば仕事も給料も増え、
将来への(経済的な)不安はいくらか
改善されるのかもしれませんが、

これからの時代はそうした社会の状況に逐一左右されない
生き方がより一層求められていくことでしょう。

収入も単に会社の給料のみに頼るのではなく、
みずからの力で生み出す、という覚悟が出来た人は
賢明な覚悟だといえます。

私は現在、そうした先見の明を持った方へ向けて
メルマガを発行しています。

嘆いてばかりでいるのではなく、一歩踏み出していきましょう。

詳しくは以下をご覧ください。

IQ151・元行政書士の無料メール講座 ~会社に縛られないための勉強~

ご登録いただいた方には、「第17回e-Book大賞」優秀賞受賞の、
1ブログで月収10万円超・計150万円超を稼ぎ出す後発組・
初心者向教材「Net Business Passport Zero」をプレゼント!

business_LP_yudo02





コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ