「AddQuickTag」でコード入力をワンクリック化(動画解説付)


youtubeの動画をブログに埋め込んだり、
アドセンス広告を貼り付ける際などにいちいちコードやタグを
記入していてはかなり面倒です。

よく使うコードなどはメモ帳などに保存しておいて
コピペするのでもよいですが、

プラグイン「AddQuickTag」を利用することで
記事投稿画面上、ワンクリックでコードやタグを挿入できます。

便利なプラグインですので、ぜひ導入したいところです。

※コードやタグは、利用しているワードプレステーマ(デザイン/テンプレート)に
よって使用できるものに違いがある場合がありますのでご注意ください。

※動画後半で「ビジュアルタブ」からの「AddQuickTag」操作を説明していますが、
文字などの装飾ボタンが一列しかなく、

「AddQuickTag」のプルダウンメニューが表示されていない場合は
装飾ボタンエリア右上の「ツールバー」切り替えボタンをクリックすると
2行目が出てきて「AddQuickTag」のメニューも出てきます。

 

『「AddQuickTag」でコード入力をワンクリック化』の
手順を、画像とテキストで解説!

【手順1】
『Word Press』のダッシュボードを開き、
メニューの「プラグイン」から「新規追加」を選択

Quicktag導入_01

 

【手順2】
右上の検索窓で、『AddQuictag』を検索

Quicktag導入_02

 

【手順3】
『AddQuictag』にある「今すぐインストール」をクリック

Quicktag導入_03

 

【手順4】
「プラグインを有効化」をクリック

Quicktag導入_04

 

【手順5】
『AddQuictag』の「設定」をクリック

Quicktag導入_05

 

【手順6】
下図の1〜3を入力した後、4の「変更を保存」をクリック
※ここでは、貼り付けた動画を画面の中央で表示し、またスマートフォンなどでも崩れず表示させるコードを入力しています。

Quicktag導入_06

これで、「動画センター・レスポンシブ」という命令が、ボタンひとつで指示できるようになりました。続く【手順7〜9】で、実際に使ってみます。

ここで使用しているタグは

<div class=”v-wrap”>
<p style=”text-align: center”>

</p>
</div>

です。(コピペしてご利用ください。)

 

【手順7】
投稿画面の本文で「テキスト」のタブを開き、
「動画センター・レスポンシブ」をクリックします。

Quicktag導入_07

 

【手順8】
自動的に表示されたコードの後ろに動画のURLをペーストし、
再び「動画センター・レスポンシブ」のボタンをクリック

Quicktag導入_08

 

【手順9】
実際の公開画面に移動すると、
表示サイズや位置が自動調整された動画が表示されています

Quicktag導入_09

なお、投稿画面の「ビジュアル」のタブからも操作することが可能です。

Quicktag導入_10

 

ワンクリックでコードやタグを挿入できる『AddQuictag』はとても便利です。
ただしコードやタグは、利用しているワードプレステーマ(デザイン/テンプレート)によって使用できるものに違いがある場合がありますのでご注意ください。

IQ151・元行政書士の無料メール講座 ~会社に縛られないための勉強~

ご登録いただいた方には、「第17回e-Book大賞」優秀賞受賞の、
1ブログで月収10万円超・計150万円超を稼ぎ出す後発組・
初心者向教材「Net Business Passport Zero」をプレゼント!

business_LP_yudo02





コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ