「BackWPup」のバックアップで安心(動画解説付)


※動画補足

動画中、バックアップの圧縮形式の説明で
Macユーザーなら「Tar」形式を選ぶとよい、と話していますが、
こちらは「Tar GZip」を選ぶようにしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・

ワードプレスはバックアップを取るときに
2種類のデータのバックアップを取る必要があって
面倒なのですが、

プラグイン「BackWPup」はその両方をこなしてくれる
ありがたい存在です。

ついつい忘れてしまいがちなバックアップですが、
何かがあってからでは遅いですので、

ぜひはじめに設定してしまっておきましょう。

 

『「BackWPup」でのバックアップ』の手順を、画像とテキストで解説!

まずは、 ファイルを自動バックアップする設定を説明します。

【手順1】
プラグイン『BackWPup』をインストール・有効化した後、
メニューに表示された「BackWPup」から「ADD new job」を選択
BackWPupの設定_01

 

【手順2】
画面の指示に従って、各項目の設定を行う

・まずは「General」のタブから!

BackWPupの設定_02

※Macをお使いの場合、「Archive Format」のチェックは「tar GZip」を選択してください。

 

・続いて「Schedule」のタブで各項目を設定!

BackWPupの設定_03

 

・「Files」のタブでは、変更は不要!

BackWPupの設定_04

 

・最後は「To:Folder」のタブにある項目を設定!

BackWPupの設定_05

 

【手順3】
それぞれのタブでの設定が済んだら、
「Run now」をクリックしてバックアップを取ってみよう!

BackWPupの設定_06BackWPupの設定_07

 

続いて、バックアップとして保存されたデータを確認してみます。

BackWPupの設定_08BackWPupの設定_09BackWPupの設定_10

 

次は、データベースの自動バックアップについて説明します。

【手順4】
メニューの「BackWPup」から、「ADD new job」を選択

BackWPupの設定_11

 

【手順5】
画像の指示に従って、各項目の設定を行う

・まずは「General」のタブから!

BackWPupの設定_12

 

・続いて「Schedule」のタブで各項目を設定!

BackWPupの設定_13

 

・次は「DB Backup」のタブで各項目を設定!

BackWPupの設定_14

 

・「Plugins」のタブでも、各項目を設定!

BackWPupの設定_15

 

・最後のタブ「To:Folder」でも、各項目を設定!

BackWPupの設定_16

 

【手順6】
それぞれのタブでの設定が済んだら、

「Run now」をクリックしてバックアップを取ってみよう!

BackWPupの設定_17BackWPupの設定_18

 

続いて、バックアップとして保存されたデータを確認してみます。

BackWPupの設定_19BackWPupの設定_20BackWPupの設定_21BackWPupの設定_22BackWPupの設定_23

 

 

以上で、定期的にバックアップを取る設定が完了しました。

もちろん、データのバックアップは何の問題も起きなければ必要のないことです。
しかし、サーバートラブルやPC側のトラブルなど、
いつ何が起こるかなんて分かりません。
忘れずしっかりと設定しておきましょう!

IQ151・元行政書士の無料メール講座 ~会社に縛られないための勉強~

ご登録いただいた方には、「第17回e-Book大賞」優秀賞受賞の、
1ブログで月収10万円超・計150万円超を稼ぎ出す後発組・
初心者向教材「Net Business Passport Zero」をプレゼント!

business_LP_yudo02





コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ