アドセンスブログ初心者のライバルチェック方法を詳しく解説


rival01

「アドセンスブログのキーワード選定方法を例をあげて具体的に!」の記事では
アドセンスブログ(トレンドブログ・ごちゃまぜブログ・
特化型ブログ)におけるキーワード選定の第1ステップとして
メインキーワード⇒複合キーワードを見つけて
検索ボリュームをチェックする、という流れを解説いたしました。

この記事ではその続き、キーワード選定の第2のステップである
「ライバルチェック」を解説いたします。

検索ボリュームがあって、ライバルチェックに合格したキーワードを
使って僕たちはブログの記事を作成していきます。

このライバルチェックが素早く高い精度でできるようになれば
自分のブログにどんどんアクセスを呼びこむことができるようになります。

ぜひ実践を重ねて、しっかりと身につけていきたいスキルです。

ライバルとは?

まず、そもそも「ライバル」とは何でしょうか?

あなたが記事を書こうとして選んだキーワードがあります。
そしてあなたは、そのキーワードで検索したときに、
あなたの記事が上位に表示されることを狙っています。

ですので、狙ったキーワードで検索したときに
表示される他のサイトやブログすべてがライバルということになります。

また、上位というときには、ここでは上位10位以内を指しますので、
特に上位10位までにいるライバルが特に注目すべきライバルとなります。

ライバルチェックの舞台

「アドセンスブログのキーワード選定方法を例をあげて具体的に!」

の記事でキーワードの検索ボリュームを調べました。

その記事の最後に次のような検索結果の画面を示しましたので、
ここではその続きとして解説していきます。

まずは、同じ画面を再度示します。

ライバルチェック

Yahoo!で「初詣 東京 屋台」の3語キーワードでの
検索結果の画面です。

ライバルチェックに使用する際には、
グーグルではなくヤフーをおすすめします。

どちらも検索結果はほとんどの場合、同じになるのですが、
ヤフーの方は、上記のように検索したキーワードが
記事タイトルに含まれている場合、そこが太字になります。
(赤い四角で囲った箇所)

ライバルチェックの際、この方が断然やりやすいので、
断然ヤフーの使用をおすすめします。

ここがライバルチェックの舞台となります。

ライバルチェックで見るべきポイント

この検索結果の画面に表示されている上位10サイトが
ライバルとなるわけですが、

このキーワードで自分が記事を書いた場合、
これらのサイトやブログに勝って
自分の記事が10位までに入るかを判断していきます。

そのために見るべきポイントは以下のとおりです。

以下のそれぞれのポイントを総合して
トータルの判断として勝てるか勝てないか、を決めていきます。

ライバルサイトの種類と強さ

ライバルサイトは大きくいくつかの種類にわけて考えます。

そして、それぞれに強さの傾向があります。

◆特化型の企業の公式サイト

まず、もっとも強いのが企業が作っている公式サイトなどです。

会社が紹介されているような公式サイトはもちろんですが、
「クックパッド」や「じゃらん」などといったブランドのサイトも同じく強いです。

企業のサイトでも、ある特定のジャンルに話題が絞られている
特化型の要素を持っていると、もう、これはめちゃくちゃ強いです。

企業サイトは運営の規模も資金もSEO対策も個人で太刀打ちできる
レベルではないことがほとんどですので、こうしたサイトには要注意です。

※企業が運営しているサイトはサイトの一番上あるいは一番下などに「運営会社」といったワードにリンクを貼って、会社情報などを掲載していることが多いので、そうした点でも見分けられます。

◆特化型ではない企業サイト(ごちゃまぜ企業サイト)

扱うジャンルが幅広い企業のサイトは特化型ほどではないので、
勝負して勝てることもそれなりにあるのですが、
その判断が難しいので、基本的にこれらのサイトは無視するのが得策です。

また、自分のブログが弱いうちは、特化型の企業サイトと同じく
勝てない可能性が高いライバルとして認識してください。

ここでいう「ごちゃまぜ企業サイト」とは
「Naverまとめ」「2ちゃんねる」「Amazon」「Yahoo!知恵袋」
「OK WAVE」「All About」などのようなサイトを指します。

◆多くの書き手が存在するサイト

たとえば、「nanapi」や「mery」、「ガールズちゃんねる」
などといったサイトは、そのサイトや記事に対して非常に多くの
書き手が参加して出来上がっています。

こうしたサイトは記事更新のペースが尋常でなかったり、
非常に多くのSNSユーザーに拡散されていたりして
上記の企業サイト顔負けの強さを誇ります。

これらのサイトは大きな企業が運営していることも
個人レベルに近い規模で運営されていることもあります。

◆個人の特化型ブログ

企業サイトに対して、僕たちが運営していくような
個人のブログがあります。

最近は個人でアドセンス報酬を狙った
ブログアフィリエイトを行っている人も増えてきました。

とくに、芸能トレンドブログやPRIDE式のごちゃまぜブログなどは
ライバルも多くなってきています。

ですが、個人のブログのなかでは、
有料ブログ、特にブログのテーマが明確になっている、
よりテーマを絞っている特化型ブログが強い傾向にあります。

◆個人のごちゃまぜブログ

個人ブログのごちゃまぜサイトはブログのテーマが特になく、
特化型ブログよりグーグルの評価は低くなります。

また、個人のブログには有料ブログと無料ブログがあり、
有料ブログとは、自分で独自のドメイン(URL)を購入し、
自分でサーバーと契約して、月々、少額のランニングコストを
払って運営していくものです。

これに対して無料ブログは
「Amebaブログ」や「So-netブログ」などの、
企業が提供するフォーマットを利用して
無料で簡単にブログ作成が始められるサービスのものです。

有料ブログと無料ブログでは、
有料ブログの方が強い傾向にあります。

記事タイトルにキーワードが含まれているか?

ライバルの記事に狙ったキーワードが含まれているか?
これは大きなポイントのひとつです。

上記画面の太字になっている部分が、
(1位の記事だけ赤い四角で囲っています)
狙ったキーワードとなります。

以前より重要性が薄れつつあるのですが、
それでもまだまだかなり重要な要素のひとつです。

記事タイトルに狙ったキーワードが
すべて含まれているほどそのライバルは強いと言えます。

逆にひとつも含まれていないと
そのライバルはこのポイントでは弱いということになります。

記事とデザインのクオリティ

記事内容は、検索したキーワードに対応する内容で
ユーザーの知りたいことがしっかりと書かれているかが、
大きなポイントです。

記事の長さは直接的な指標ではないですが、
やはり短すぎるよりそれなりに長さがあるほうが、
結果としてユーザーの期待に応えられていることが多いです。

デザインについては、やはり見た目がキレイな
しっかりと作りこまれているほうがよりよいです。

この点も、上記の企業サイトはやはり強いポイントです。

これらは要するに
ユーザーをどれだけ満足させることができているか、
ということになります。

アクセスがどのくらい来ているか

ライバルのブログにアクセスがどのくらい来ているのか、
もひとつの指標となります。

やはり多くのアクセスを日常的に集めているサイトは強いです。
(強くなればより上位に表示され、よりアクセスが集まる、
という好循環が生まれているサイトは強いです。)

ライバルのアクセス数を調べるツールがあるにはあるのですが、
この数値がかなりあてにならないので、ここではこれはパスします。

ですが、ブログによっては確認できる場合があります。

ライバルのブログのサイドバーに
「人気記事ランキング」が設置されていることが多くあります。

そこに、各記事ごとのアクセス数が表示されていることが多く、
その数を目安にするのです。

その数値は「1日単位」「1週間単位」「通算」などの場合がありますが、
いずれも、その数値が大きいほど強いライバルだと考えられます。

ソーシャルボタンのシェア数

ライバルのブログの多くには記事の上や下に
フェイスブックやツイッターなどのソーシャルボタンが設置されています。

ユーザーが「いいね!」などをすることによって
ここの数値が上がっていき、
人気の記事になるほどここの数値が大きくなって
その分だけ記事がシェア、拡散されていることが分かります。

もちろん、ここの数値が大きいほど強いです。

一般に、「被リンク数」が大切だと言われることが多いですが、
この数値も被リンクの一種であり、
簡単に確認できる指標のひとつであります。

運営歴の長さ

ライバルのブログやサイトの運営歴がどのくらいの期間なのか、
というのもひとつの指標です。

ブログの場合だと、サイドバーなどに「アーカイブ」があれば
いつから記事が投稿されているかが分かりますし、

記事の投稿一覧から、一番最初の投稿が
いつ行われているかを確認することでも分かる場合があります。

運営歴が何年にもわたる非常に長いブログの場合、
「え?これが?」というようなものが非常に強かったりします。

「中古ドメイン」が売買されているくらい、
そのURLが古くからあることには価値があります。

記事数

どのくらいの記事数が投稿されているのかも、
ひとつの指標となります。

かつてほどの重要性はなくなって来てはいるようですが、
それでもたくさんの記事数を誇るブログなどは
やはり強い傾向にあります。

目安としては200記事を超えていたら、注意してください。

超初心者はどこを見るといいか

以上のポイントを総合してライバルチェックの判断を
していくわけですが、

初心者の方にとってはこれがなかなか難しくもあり、
なれるまでは、時間も結構かかる作業になります。

ですので、慣れるまでは、まずは、以下のポイントに絞って
見ていくとよいでしょう。

◆無料ブログがあるか

無料ブログがあるときは、「ラッキー」と思っていいです。
傾向として勝てる可能性が高い場合が多いです。

有料ブログでも立ち上げ当初は無料ブログに勝てない
場合が多いですが、徐々にその関係は逆転していきます。

◆記事タイトル内のキーワード

検索結果に表示されるライバル記事のタイトルに
狙っているキーワードがどのくらい含まれているか。

これは大きな指標となります。

例えば、3語のキーワードで調べているのに
表示されている検索結果の記事タイトルに
そのうちの1語しか含まれていないような記事ばかりが
並んでいたらチャンスです。

上の画像の「初詣  東京 屋台」で、
検索結果の記事に「初詣」しか含まれていない、
あるいは「初詣 東京」までしか含まれていない、
といった場合などです。

◆有料ごちゃまぜブログ

有料ブログだけど、テーマが特化されておらず、
いろんな(ある意味支離滅裂な)話題が
ごちゃまぜに投稿されているタイプのブログも
勝負できる相手と見なしていきやすいです。

特に自分が運営するブログが特化型である場合は
いずれ勝てるようになる可能性が高いです。

最初はこれらのポイントを重点的に見て、
慣れるてきたら徐々に他のポイントも見るようにしていきましょう。

まとめ

今回は、ブログのキーワード選定における
ライバルチェックを見ていきましたが、

このスキルがブログへのアクセスを集められるかどうかの
最も重要なポイントとなります。

このスキルが高まるにつれて
あなたのブログへのアクセスもどんどん増えていくことになります。

ですので、

このスキルをどんどん磨きながら、
記事を投稿したら、狙ったキーワードで自分の記事は
何位に表示されているのかを確認してください。

⇒関連記事「「SEOチェキ」で自分のブログ順位を確認しよう」

この順位は投稿・インデックス後すぐと、
1カ月程度してからなど、時間をあけてからの順位とを
確認するようにしましょう。

時間経過で順位は結構変わっています。
特に最初のころは、どんどん記事を投稿していくことで
ブログ自体が強くなっていくため、順位も当然変わっていきます。

インデックスに関しては、
⇒関連記事「Fetch as Googleで速攻検索結果に記事が登場!」
で確認してください。

では、かなり具体的に説明したので長くなってしまいましたが、
これが本当に肝となるスキルですので、
実践しながら、少しずつスキルを高めていって下さい。

IQ151・元行政書士の無料メール講座 ~会社に縛られないための勉強~

ご登録いただいた方には、「第17回e-Book大賞」優秀賞受賞の、
1ブログで月収10万円超・計150万円超を稼ぎ出す後発組・
初心者向教材「Net Business Passport Zero」をプレゼント!

business_LP_yudo02





コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ