アドセンス広告をセンター/左寄せに配置するひと手間


ラクダ

アドセンス広告をブログに貼り付ける際に、左寄せで表示させるパターンと左右幅の中央に配置するパターンがあります。(右寄せ、は見たことがないように思います。)

どちらがより報酬が高まるか、という明確なデータは今のところないようで、あとはブログ記事に貼り付けたときの見た目の問題が大きいと言えます。

「きちんとしている感じ」に見えるのはどちらか、をPC、スマホ両方で確認してみてください。細かなことですが「きちんとしている感じ」というのは大事です。

 

ここではブログ記事の左右幅のセンターにアドセンス広告を配置する方法、左寄せに配置する方法をそれぞれ説明します。ちなみに僕は中央に配置するのを基本的におすすめしています。

ちょっとしたひと手間を惜しまないかどうかで、最終的な印象もずいぶん違ってきます。

アドセンス広告をセンターに配置する方法

アドセンス広告とその上に表示する「スポンサーリンク」の言葉をブログ横幅の中央に表示させるには、以下のとおり、アドセンスコードの前後に少し追記してください。

<p style=”text-align: center;”>スポンサーリンク<br />

ここにアドセンスの広告コードを挿入します。

</p>

これで、中央に広告と「スポンサーリンク」の文字が配置されているはずです。

また、このコードで上手く表示されない場合は、

<center>スポンサーリンク<br />

ここにアドセンスの広告コードを挿入します。

</center>

で設定してみてください。

アドセンス広告を左寄せで表示させる方法

アドセンス広告とその上に表示させる「スポンサーリンク」を左寄せで表示させる方法は、以下のとおりです。

<p style=”text-align: left;”>スポンサーリンク<br />

ここにアドセンスの広告コードを挿入します。

</p>

中央への配置のときと違うのは、1行目の「center」が「left」になっている点のみです。

ただ、わざわざ左寄せを指定しなくても、

スポンサーリンク<br />
ここにアドセンスの広告コード

これだけで自動的に左に寄ってしまいますので、これでもOKです。

広告コードが「レスポンシブ」の場合

左揃えを選んだ場合、広告コードが「レスポンシブ」なのであればちょっとおかしなことになります。これは以下のような理由からだと推測されます。

アドセンスの配置図

レスポンシブサイズの場合、まずブログの記事幅いっぱいに「表示枠」が確保され、その中にその時の最適な広告を選んで表示します。

このときに選ばれた広告はレクタングルサイズの広告だった場合、レスポンシブ枠内の中央に表示されます。

一方で「スポンサーリンク」の言葉はそのまま左寄せに表示されますので、上の図のようなおかしなことになります。

 

レクタングルサイズを選んでいる場合は、レスポンシブサイズのときのような、前提となる外枠がないので、素直に左寄せで表示されます。

 

いずれにせよ、広告表示の設定を初めて行ったときや修正をしたときは、PCでもスマホでも表示の具合を確認するようにしましょう。

【関連記事】

Googleアドセンス2次審査 ~ブログに広告を貼る~:基本的な広告コードの貼り方はこの記事で。

「AdSense Manager」でグーグルアドセンスを一括表示・管理(動画解説付)

アドセンスのクリック率アップで報酬アップ!なブログ内配置3ヶ所

注意!レクタングルサイズのアドセンス広告コードはそのまま使ってはいけない

IQ151・元行政書士の無料メール講座 ~会社に縛られないための勉強~

ご登録いただいた方には、「第17回e-Book大賞」優秀賞受賞の、
1ブログで月収10万円超・計150万円超を稼ぎ出す後発組・
初心者向教材「Net Business Passport Zero」をプレゼント!

business_LP_yudo02





コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ