コピーライティングをなめないで


kaidan_man

 

インターネットビジネス全般を見渡したとき、
もっとも重要なものと聞かれれば、あなたは何と答えるでしょうか。

SEO?

リスト?

アクセス数?

人は言葉に反応する

SEOもリストもアクセス数も、
どれも確かに、大切なものでしょう。

どれも、その質や量が多いほど、
収益は大きくなる可能性があがるでしょう。

しかし、もっともっと、ずっとずっと大切なものがあります。

ですが、簡単にお教えするわけにはいかないので、
これよりこの記事の下は、絶対に絶対に、見ないでください。























…………やっぱり見てしまいましたね。

普通、「絶対に見るな」とか「絶対に触るな」とか言われると、
余計に見てみたくなるし、触ってみたくなったりしがちです。

他にも、以前から買うか買わないか迷っている
パソコンがセールで売られていて、

「残りわずか2台!」とポップが貼られていたらどう感じますか?

実際に買ってしまうか、買わなくとも、
「買ってしまおうか」な方向に気持ちが傾くのではないでしょうか。


人は言葉に反応するのです。



それがいいとか悪いとかの前に、
厳然たる事実として、言葉によって人の心は揺り動かされるのです。

なんだか良心がとがめるのですが…

この言葉の持つ力を利用するのがコピーライティング。

そして、冒頭の質問への答え、
ネットビジネスで一番大切なものこそ、
このコピーライティングなのです。

コピーライティングが上手くなればなるほど
どんなものでもユーザーに買ってもらうことができるように
なっていくでしょうし、

異性に自分のことを好きになってもらったり、
なんてことも不思議ではありません。

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

こんなふうに見ると、ちょっと非倫理的に思えて、
あなたは「なんだか良心がとがめる」感じがするでしょうか。
腹黒い、意地汚い人間に感じてしまうでしょうか。

では、あなたに聞きます。

好きな女子がいて、
その女子をデートに誘おうとしている男子がいるとします。

男子がLINEでデートに誘おうとするときに、
「何ていえば、相手はOKしてくれるか」
「どうやったら、嫌われないですむか」
と、一生懸命に考えている姿を見て

あなたは、「腹黒い」「人を騙している」と感じるでしょうか。

コピーライティングをなめないで

商品を買ってもらいたくて、
お客さんが商品を買いたくなるような言葉と表現を考えること、

自分を好きになってもらいたくて、
相手が自分を気に入ってくれるような言葉と表現を考えること、

これはどちらもコピーライティングです。

この2つにどんな違いがあるのでしょうか。

もし、商品を売ろうとすることに腹黒さを感じて、
自分を気に入ってもらおうとすることに健気さを感じるとしたら、

それは、コピーライティングのせいではありません。

あなたは心の底では
「この商品は買うべきではない」と感じてはいないでしょうか。

あなたが本当に美味しいと思っているレストランがあって、
そこに友人を誘っているのに、興味を示してくれないとき、

「騙されたと思って一度一緒に!」と誘ったりはしないでしょうか。

この、「騙されたと思って一度一緒に!」なんていう
言葉の選択、表現方法こそ、コピーライティングなのです。

相手をその気にさせるために、

言い換えれば、

相手の心を動かすために考えだされた「言葉」「表現」です。

コピーライティングを
「胡散臭い」「良心がとがめる」的な色眼鏡で見るなんて、

コピーライティングに失礼です。

少しはそう思いませんか?

IQ151・元行政書士の無料メール講座 ~会社に縛られないための勉強~

ご登録いただいた方には、「第17回e-Book大賞」優秀賞受賞の、
1ブログで月収10万円超・計150万円超を稼ぎ出す後発組・
初心者向教材「Net Business Passport Zero」をプレゼント!

business_LP_yudo02





コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ