10万円金貨の重さと価値、そして意外な買い取り価格


10man_kinka

興味がある人は興味ある、
興味がない人はまったく興味がない。

「10万円金貨」という記念硬貨について、
ちょっと意外なうんちくを調べてきました。

日本で発行されている10万円金貨

「金貨」なんていうワードを聞くと、
なんだかゲームの世界の話のように思える人もいるかもしれません。

ですが日本の現実世界でも「金貨」は発行されたことがあり、
現在も貨幣として使用することが可能です。

そのなかに「10万円金貨」なるものがあります。

日本で発行されている10万円金貨には2種類あります。

◆昭和61年・62年発行の昭和天皇(裕仁)御在位60周年記念10万円金貨

kinka_4 kinka_3

◆今上天皇陛下御即位記念10万円金貨

kinka_1kinka_2

これらはいずれも「10万円のお金」として利用できます。

金相場の上昇

ここで金の価格の推移を見てみましょう。

kinka_5

(グラフ引用:「田中貴金属工業株式会社HP」より)

これは2015年2月27日時点の情報を最新の情報とする
1カ月間の金価格の推移です。

価格はこの1カ月下降傾向をたどっており、
2月27日時点で1グラムあたり5,065円となっています。

1月23日か24日あたりのピークでは1グラムあたり
5,383円の値段をつけています。

ですが、長期的には近年は金価格はずっと上昇してきており
以前よりかなり高値がついている現状です。

10万円金貨の重さ

勘の鋭い方は、すでに気になっていることでしょう。

金の価格が上昇しつづけているなら、
10万円金貨の重さによっては10万円以上の
価値になるのではないかという疑問。

では、10万円金貨の重さはいくらでしょうか。

調べてみると、上記の2種類で
それぞれ重さが違うことが分かりました。

昭和天皇(裕仁)御在位60周年記念10万円金貨の方は
金の重量は20グラムだそうです。

一方、今上天皇陛下御即位記念10万円金貨は
金の重量は30グラムとのこと。

1.5倍の開きがありました。

計算してみると・・・

上の表の2月27日時点での
価格(1グラムあたり5,065円)にもとづいて計算してみると、

5,065円×20グラム=101,300円

5,065円×30グラム=151,950円

となり、どちらも10万円を超えています。
特に今上天皇陛下御即位記念10万円金貨は
15万円を超える価値分の金を利用した10万円金貨となります。

10万円金貨の取引価格・買い取り価格は

そうなると気になるのが実際に10万円金貨が
いくらで取引や買い取りされているのかということ。

「買取110番」というサイトを見てみると
2015年2月27日相場の参考買取価格として、

今上天皇陛下御即位記念10万円金貨に
134,352円の価格が付いています。

また、2015年3月1日時点でのヤフオクを見てみると
この金貨は14万円台半ば~後半の価格で入札されているようです。

使えるのは貨幣としてのみ

10万円金貨の意外な価値が分かったのですが、
気をつける必要があります。

それは10万円金貨はあくまでも貨幣であり、
これを溶かして単なる「金」にすることは法律で禁じられています。

お金を偽造してはいけないのと同じなのです。

ですので、単なる金20グラム、30グラムと比べると
取引されている価格はやや安くなっているようにも思われます。

金としての価値、コレクションの対象としての価値、
そのあたりが微妙に絡み合っての価格でしょう。
(在位60周年記念10万円金貨の方は、
コレクションとしてのプレミアはつかないようですね)

金相場よりも堅実に

この金貨も含め、金相場の変動を利用して小遣い稼ぎ、
あるいは本格的に投資を行っている方も多いと思います。

「ちょっとした小遣い稼ぎ」なのであれば
より堅実だと思われる方法が他にもあります。

そのノウハウで月に10万円くらいなら、
まじめにやれば、普通に稼げてしまう金額です。

私は現在、そのノウハウを無料のメール講座で発信しています。

興味がある方は以下をご覧ください。

IQ151・元行政書士の無料メール講座 ~会社に縛られないための勉強~

ご登録いただいた方には、「第17回e-Book大賞」優秀賞受賞の、
1ブログで月収10万円超・計150万円超を稼ぎ出す後発組・
初心者向教材「Net Business Passport Zero」をプレゼント!

business_LP_yudo02





コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ