娯楽費に関する平均的な収支を聞くともう少し贅沢したいと感じませんか。


gorakuhi_heikin

 

なかなか給料がアップしないなかで生活のやりくりをしている方も
多いと思いますが、あなたは娯楽費にどのくらいを使っていますか?

ここに費やせる金額が日々の暮らしの豊かさと言えるかもしれません。

2人以上世帯の教養娯楽費

今回の記事では2人以上で世帯を構成する場合のデータを見てみます。

「都道府県格付研究所」というサイトで
「世帯(2人以上)の教養娯楽費ランキング」という記事がありました。

そこには都道府県別に教養娯楽費の1ヶ月あたりの金額が
ランキング形式で紹介されています。

トップ10までの部分の表を引用します。

gorakuhi_heikin

ご覧のようになっています。

トップは予想通りの東京都です。1ヶ月あたり35,378円となっています。
この表の面白い点として偏差値が表されているところで、
東京都の偏差値は73.2となっており、東京大学並みですね。

2位が栃木県の34,368円で金額的には東京都とあまり変わりません。

3位は南へ向い、大分県の33,839円と続きます。

逆にワースト3を見てみると、

最下位は沖縄県の19,324円となっており、
東京都とは約15,000円の差がついています。

46位は長崎県の21,598円。45位が青森県の23,000円です。

所得や物価の格差も地域によってありますので、
単純に金額だけで都道府県の暮らしの差は判断はできません。

では全国平均はというと、27,687円となっています。

サラリーマンの平均年収が400万円程度ですから、
ボーナスを除いて考えると月に30万円もないと考えられます。

そのなかで生活のやりくりをして、
なんとか娯楽費を捻出している様子がうかがい知れるようです。

【関連記事】
旦那の小遣いは給料の何割が相場なのか?
共働き主婦のお小遣い額と内訳は?

実際にインターネット上でのQ&Aサイトなどを見ていると
娯楽に費やす費用に関しての相談もたくさん見受けられます。

特に結婚して子供もいる家庭になると、一人暮らしや
夫婦だけだったときに比べて断然お金が必要になる上に、

子供のためを思うと、やはり娯楽費にもある程度費やす必要性を
感じて悩んでいる方も多いようです。

将来への不安やリスク

ですがこれからの時代、
まじめに勤めていれば年々給料が上がるなんてことは
なんら保証されていませんし、

むしろ給料が下がってしまい、
最悪の場合にはリストラされることだってありえます。

【関連記事】
生涯賃金の平均―高卒の方が大卒より高い!?
非正規社員の平均年収での生活はキビシイ。。。かといって非正規社員から正社員になるのはもっとキビシイ。。。

そうした将来のリスクや不安を考えると
貯蓄もできるだけしたいですし、
なかなか思い切って目の前の楽しみに
お金を使う勇気が持てないですよね。

豊かな人生を自分も家族も

ですが冒頭に述べたように、
娯楽や教養のために使うことができるお金というのは
見方によってはもっとも贅沢な、
日々の暮らしと人生に豊かさをもらたらす項目と言えます。

ただ生きるためだけに働き、
ただ生きるためだけに生きるのか。

本当はもっと楽しく、もっと豊かに日々を送りたいし、
家族にももっと楽しく、もっと豊かに、もっと笑顔で
毎日を送ってほしくはないでしょうか。

収入>支出の大原則を守りながら

そんな思いと現実の収入との間で日々を送るうちに
豊かな人生なんて無理だとあきらめ始めてしまってはいませんか。

もしそうなら、もう一度考えてみてはいかがでしょうか。

収入>支出で生きていく必要があるのはもちろん大原則です。

娯楽や教養のためにもう少しお金を使いたいのなら、
収入を増やせればいいわけです。

そんなの当たり前だと言われそうですが、
実際は多くの方が収入を増やすことではなく、
支出を減らすことに重点を置いて考えてしまいがちです。

私自身も以前はそのような考え方で、
すごく窮屈だったのですが、
かといって何か突破口も見つからずに悶々として
過ごしていた時期があります。

会社からの給料だけが唯一の収入源だと考えるあまり
そうなってしまうのも無理はないですが、

今からは収入を増やすことを考えてはどうでしょうか。

私は現在、パソコン1台で稼ぐことができるノウハウを
無料のメール講座で発信しています。

副業レベルから始めることができて、
リスクと言えば、日々に費やす少しの自分の労力だけというノウハウです。

興味がある方は以下をご覧ください。

IQ151・元行政書士の無料メール講座 ~会社に縛られないための勉強~

ご登録いただいた方には、「第17回e-Book大賞」優秀賞受賞の、
1ブログで月収10万円超・計150万円超を稼ぎ出す後発組・
初心者向教材「Net Business Passport Zero」をプレゼント!

business_LP_yudo02





コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ