初心者にうれしい「言葉の意味」集


インターネットビジネスを始めたばかりの頃は、
出会う言葉がいちいち意味が分かりません。

私自身も最初はまったく?でした。

間違って意味が使用されていたり、
そもそも定義があいまいだったりすることよくあることで
なかなか「これで大丈夫」とはいかない世界です。

できるだけ、初めての方の助けになるように
主だった言葉の意味・定義を以下に順次まとめていきます。

ぜひご利用ください。

※定義は本コンテンツの記事を理解するという目的で記述しています。
他の場面で使用されている場合にはそぐわないことや、
意味の説明そのものが正確でない場合がありますので、ご了承ください。

ア行

アドセンス(グーグル アドセンス)
アドセンスとはGoogleが提供しているアフィリエイトサービス。その仕組は、1.あなたが運営するブログやサイトにグーグルが配信する多彩な企業の広告枠を貼り付けておく。広告はグーグルが自動的に最適なものを選んで表示してくれる。⇒2.あなたのブログやサイトをどこかの誰かが見に来る。⇒3.その人があなたが貼り付け、グーグルが配信した広告をクリックしてくれる。⇒4.あなたに報酬が入る。実際にインターネットビジネスの初心者にとって非常に取り組みやすいものとなっている。

アフィリエイト
インターネットビジネスの一種。ブログやサイト上で、ある商品やサービスを紹介し、そして、そのブログやサイトを経由して、読者がその商品・サービスを購入したり広告ページを閲覧したりすれば報酬がもらえる、という仕組みのもの。

インデックス
グーグルなどの会社は常にインターネット上にどのようなブログやサイトが公開されているのかを自動プログラムで調べて、自前のデータベース(格納庫)にその情報を蓄えて整理整頓している。あなたが投稿したブログ記事や作成したサイトの情報もこの格納庫に収納されることになる。こうして収納されることを「インデックスされる」と言い、インデックスされて初めて、誰かがどこかで何かを検索したときに、あなたのブログやサイトが結果として表示されるようになる。

カ行

グーグルアドセンス(Google adsense)
⇒アドセンス

サ行

自己アフィリエイト
アフィリエイトの一種。アフィリエイトが、商品やサービスを紹介する人(アフィリエイター)とそれを購入/申し込みをする人が別々の人物であるのに対して、自己アフィリエイトはその両方が自分自身であるもの。つまり自分で商品やサービスを購入/申し込みすることで、自分自身が報酬をもらえる仕組みになっている。実質的には「(新規申し込みで)キャッシュバック!」や「(〇〇購入で)ポイントプレゼント!」といったものと同じようなもの。

 ハ行

ブラウザ
ブラウザとは、インターネットでサイトなどを見るときに使用しているソフトのこと。インターネットを立ち上げたときに開くウィンドウは、このブラウザのおかげで開いて僕たちがネット上の情報を見ることができている。ウィンドウズであれば「インターネット・エクスプローラー」、Macであれば「サファリ」などがよく知られている。ちなみにブラウザとは「browse(ブラウズ)=ざっと目を通す・拾い読みをする」から来ている言葉。

サブコンテンツ

このページの先頭へ